エストロゲンを増やすには【効果的な栄養素を摂取】

女性

神経伝達物質の分泌を促す

サプリメント

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群の原因と対処方法について。過敏性腸症候群の原因は、主に自律神経の乱れだと言われます。自律神経のバランスが乱れることで、腸内でセロトニンの分泌が減るため、腸内環境が乱れて腹痛が起こるようです。自律神経失調症を患う人に多い症状と言われており、その数は年々増加の傾向にあると言います。対処方法はストレス解消や規則正しい生活をすることで、セロトニンの分泌を促すことです。そして必要な栄養素の補給をすることです。セロトニンの生成を促すのは、トリプトファンやビタミンB6、マグネシウムといった栄養素です。それらをサプリメントや食品から摂取することで、セロトニンの生成を促すことが大切です。またサプリメントよりは食品から摂取することで得られるメリットがありますが、それについては次項で説明いたします。

噛むことのメリット

サプリメントは、その手軽さから、継続性の点で非常に優れています。また基本的には特定栄養素の補給を目的としているため、摂取量が少なく低カロリーで済むことが多いということです。例えば、乳酸菌を目的としてヨーグルトを摂取することがありますが、サプリメントであれば1包でヨーグルト100個分程度の乳酸菌を摂取することも出来るのです。このようにサプリメントから特定栄養素を摂取することには様々なメリットがあります。しかし、食品から摂取するメリットも大きいです。それは噛むことで得られる健康効果です。噛むことは顔の筋肉を使う行為ですから、脳を刺激してセロトニンほか神経伝達物質の分泌を促します。また噛むことは、五感を使う行為ですから、脳に与える情報量が増えるのです。噛むことは脳を使う行為ということですが、それがまたセロトニンの分泌を促すのです。